RSS | ATOM | SEARCH
予定表を…。

本日小学算国、中3、中2理社オプション。

 

中3英語はprogram2の文法解説。現在完了の継続用法について。

 

いつも言うとおり、今年の中3はそこそこ力があるので、いつもの年よりも若干細かいところまで解説で触れておいた。

 

まあ、こうしたときにぱっとメモをとったり考えを巡らしたりできる生徒が多いから力がついていくと言うことでもある。

 

次回は経験用法についての解説だ。

 

中3数学は因数分解の基本パターンのおさらい。

 

ちょっとひねったところでつっかえるのが気になる。

 

今週の日曜講座でさらに練習問題を追加してさっとできるところまでもっていきたい。

 

昨日と今日で、学校の年間行事予定表を持ってきてくれた生徒が数名。じょじょに学校の行事予定がわかってきた。

 

今年度は生徒たちの通う中学校の数が多い(深谷市内6つの中学から集まっている)ので、はやめに各中学校の予定を確認しておかないと、テスト対策や各講習などの塾の年間予定も組めない。

 

と言うことで、みなさん、年間行事予定表が配布されたら塾に持ってきてください。コピーをとってすぐに返します。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
comments(0), -, pookmark
苦戦…。

本日小学算国、中2。

 

中2英語はprogram2の文法解説。未来を表す文について。

 

be going to~とwillとふたとおりの未来の表現を解説して、練習問題で確認。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説に入る予定だ。

 

中2数学は等式の変形について。

 

方程式を解くのと基本的な操作は一緒なのだが、意外と中学生はここで苦戦する。

 

今年の中2生も苦戦。

 

例題の解説時点ではそれほど苦戦しているようには見えなかったので、練習問題もスムーズにいけるかと思っていたら甘かった。

 

次回も等式の変形の練習問題を解いてマスターしていきたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:42
comments(0), -, pookmark
中1も計算たっぷりの日

本日小学算国、中1、中3理社オプション、高校生。

 

中1英語はprogram2の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

単語テストは今回ほぼ全員が合格。こういう状態で進められると良い。

 

本文解説は今回が初めてなので、どのページをどういうふうに書き込みをしていくか、細かく指示をしながら解説を進めていった。

 

もう少しメモの量が増えてくるといいのだが。

 

次回はワーク演習の予定。

 

中1数学は正負の数の乗除の計算練習。

 

たっぷり時間をとった。

 

ただ、中1生はまだまだ集中が続かない。

 

最後のほうはミスも増えた。

 

集中力を高く保って勉強が続けられるようになることも中学生としては大切なことだ。

 

中1の勉強というのは単純に学習内容だけ鍛えていけば良いわけではない。

 

学習姿勢というと大げさかも知れないが、勉強に取り組むということのひとつひとつを築き上げていく時期でもある。

 

答えが出れば良い、やり方があっていればいいというような表面だけを見ている指導では力がつかないのだ。

 

まあ、自分は表面だけでなく奥深いところまで見えていると勘違いしている指導者もまた多いのだが。

 

さて、私はどっちだ?

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:42
comments(0), -, pookmark
違いをしらないのね…。

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram1の基本文テストを実施した後にprogram2に入った。

 

まずはいつものように単語チェックから。

 

今日の単語では、寺と神社の違いを知らない生徒が多かったことに驚いた。

 

これね、修学旅行で京都や奈良に行くのだから、知っておかないとね、と言うことで確認したが、いつもの年よりも違いを知らない生徒が多かった。

 

気を取り直して、次回から文法解説に入る予定。

 

中3数学は乗法公式を利用した因数分解。

 

かけ算と足し算から数の組合せを見つけていくことになるのだが、今年の中3はスピードが遅い。

 

これはちょっと意外だった。

 

力のある生徒ばかりのクラスなので、もっと題数をこなすことができるかと思って授業進行を考えていたが、3段階くらい準備していたうちの1段階くらいで時間切れとなってしまった。

 

もう一コマ練習問題に当たる時間を作るか、このまま先に進むか、ちょっと考えておこうと思う。

 

中1理社オプションは2回目の授業。

 

学校で教科書が配られたはずなので、塾に持ってくるはずが持ってこない。

 

忘れ物がないようにしてほしい。

 

学習ペース自体はまずまず。

 

後半に集中がほとんど途切れなかったのはなかなか良かった。というのも実は塾のルールを確認したから。

 

素直で良い。

 

暗記が確実になるようなところまで持っていくにはちょっと時間がかかるかも知れない気もするが、まあ中1のこの時期に焦ってもあまりいいことはないので、もうすこし根気よく見守りたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:40
comments(0), -, pookmark
計算たっぷりの日。

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2数学は計算問題をたっぷり。

 

次回からは文字式の利用に入るので、計算パートは最終回となる。ということもあって、とにかく計算に集中する日を作りたかった。

 

で、各自もりもり解き進めていくので、こちらとしては質問対応のみ。

 

ただ、分数式の計算でミスが多かったので、これについては板書でポイントを解説した。

 

それ以外はだいぶミスも少なく処理できるようになっていた。

 

スピードについては一部の生徒は合格点を上げられる感じだが、全体的にはまだまだ。

 

計算は正確さと速さの両方が大切だ。どちらか一方を重視すると言うわけにもいかない。

 

これからも折を見て復習を入れていく。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
comments(0), -, pookmark
中3日曜受験講座スタート

今日は中3日曜受験講座の初日。

 

国語は次回から始めることとして、英数に絞っての授業とした。

 

英語は次回から取り組む不規則動詞のチェックテストの準備から。

 

読み方を確認した後に音読、手で書いて練習、もう一度音読という流れですすめた。

 

後は次回からテストを繰り返して暗記を進めていく。

 

その後は毎回の家庭学習の課題となる英文法のプリントに手をつけてもらい、残りは宿題とした。

 

数学は基礎計算問題のプリントからスタート。

 

1学期は毎回取り組んでいき、問題量は少なめだが、それぞれの計算パターンは確実にものにしていく。

 

その後はメインディッシュのプリントへ。

 

1学期数学は、中3範囲の計算を徹底して鍛えていくのがテーマだ。

 

中3の1学期で学習する計算は、2学期以降の学習に大きく影響する。2学期以降の学習をスムーズにするためにもがっちり計算を鍛えていくことが重要だ。

 

ということは、お気づきの通り、日曜講座の数学ではとにかく計算、計算。

 

速く、正確に、基本から応用まで、とにかく計算を鍛える。

 

 

 

 

さて、ここから月2回程度(4月は3回だが)、この受験講座を通じて、授業中に鍛え、そして家庭学習のペースを維持する。

 

受験勉強はある程度のペースを維持し続けることが力をつけるポイントとなる。

 

その中で、同じ時間内でもこなせる勉強量がふえたり、集中が続く時間が長くなったり、そうしたところから変化が起きてくる。

 

最初からすぐに結果が上がるわけではない。

 

受験勉強は長丁場だ。

 

付け焼き刃ほどぼろが出やすい。

 

教える側としても、この時期の指導には注意が必要だ。

 

受験生を送り出したばかりで、その「熱」がまだ残っている時期だ。

 

そのまま、新たな受験生を見てしまうと物足りなさを覚え、焦りを感じ、必要以上にあおってしまうことがある。

 

頭の中でえがく受験生の姿を見て指導にあたってはならないのだ。

 

目の前にいる新たな受験生を見て、そして彼ら・彼女たちに「今」必要なことを考え抜き、指導にあたらなくてはならない。

 

もちろん、「今」必要なことは、最終的なゴールから逆算するべきだ。

 

だが、その最終的なゴールも、目の前の生徒を見ることから考えていくものなのだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:46
comments(0), -, pookmark
次回は単語テストですぞ

本日中1、高校生。

 

中1英語はprogram2の文法解説が終了。

 

前回解説したbe動詞の否定文と疑問文の練習問題に取り組んだ。

 

肯定文から否定文や疑問文を作るのは、ほぼ間違いなく書けるようになってきた。一方、日本文から英文に直すのはまだミスが出る。

 

文の形自体のミスと言うよりは、細かいところ、つまりaやanのミスやクエスチョンマークやピリオドなどのミスがほとんど。

 

こういうミスが減ってくるといいのだが。

 

次回は単語テストを実施した後に本文解説に入る予定だ。

 

前回の単語テストは全員合格ではなかったので、今回はきちんと準備して全員合格となってほしい。

 

生徒たちには授業中に話したが、単語テストが合格だった生徒と不合格だった生徒では、すでに差ができはじめている。

 

単語を確実に覚えている生徒は、英文を作るときに文の形さえ決まればさっと書くことができるが、単語を覚えていない生徒は文の形が頭に浮かんでも使うべき単語が正確に書けないので、英文自体がミスだらけのものになってしまう。

 

もうひとつ話したのは、合格が8割ラインだからと言って8割とれればいいからという甘い勉強をしていると、結局テストで不合格になるだけではなく、全体としての暗記量が不足するため、英語ができなくなってしまうということだ。

 

最初から手を抜くような勉強をしているようではこの先が思いやられる。

 

まずは満点を目指して勉強するのが重要。がっちり勉強したとしても時にミスは出ることはあるので、満点合格としていないだけの話だ。

 

とにかく次回、単語テストに向けて準備をしてくることだ。

 

 

 

 

そして、来週から中学校に通うことになるので、授業の最後に毎年している話をした。

 

学校での授業中に、「塾で習った」「もう知っている」とは決して口にしないこと。表情にも態度にも出してはいけない。

 

ゼロから習うつもりで真面目に授業を受けるようにしなくてはならない。

 

学校と塾で教え方が違うことがあっても、おとなしく学校のやり方に(少なくとも学校では)したがっておくこと。

 

塾でやったからと、学校の先生のやり方にたてついても何の意味もない。

 

これらはどの科目の授業でも一緒だ。技能4科でも一緒。

 

塾で勉強するのは自慢するためでも優越感を感じるためでもない。勘違いしてはいけない。

 

勉強することで自分自身を成長させていくことが最も重要なことなのだ。

 

その点で周囲との比較はたいした意味を持たない。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
comments(0), -, pookmark
式をよく見て

本日小学算国、中3、中2理社オプション。

 

中3英語はprogram1の音読トレーニング。

 

次回は基本文テストを実施してからprogram2に入る予定。

 

中3数学は因数分解その2。

 

今回と次回は乗法公式を利用しての因数分解を扱う。

 

今日はいわゆる和と差の積と平方公式の因数分解。

 

式をよく見て判断しながら解いていくことになるのだが、一見やさしそうな形をしているせいか、あまり考えずに答を書こうとする生徒がいた。

 

もちろんそうなるとミスが増えてくる。

 

式をよく見るポイント、つまり目の付け所を解説してから問題を解き始めているが、そこを聞き流してしまっている。

 

因数分解は結局、式をよく見ることから始まる。

 

よく見て丁寧に確認していく。

 

後は繰り返しのトレーニングでさっと答えが出るようになってくる。

 

その最後の「さっと」を最初から求めていると苦しくなるばかりだ。

 

因数分解だけではないが、数学というのは「さっと」できるようにするために、丁寧に考え手を動かすことが大事なのだ。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:51
comments(0), -, pookmark
基本文テスト一発目

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram1の基本文テストを実施。今年度の一発目だ。

 

ほとんどの生徒がきちんと覚えてきた。こういうところから少しずつ良い方に変化が出ているのが今年の中2の良いところだ(今のところはね!)

 

そのあとにprogram2に入って単語チェック。

 

program1の単語チェックの時に配れなかった発音記号の一覧をやっと配布することができた。

 

中2の英語教科書にいきなり登場する発音記号。

 

学校ではほとんどの場合、何も説明されないようだし、よその塾から移ってきた生徒に聞いても、発音記号について説明されたことはないと言うことが多い。

 

実際の話、うちの塾でもそこまで細かく取り扱うことはない。

 

ただ、全く触れないと言うことはしない。

 

これから生徒たちが勉強を進めていく上では知っておいてほしいし、ここですぐに覚えるのでなくとも、だんだん慣れていってほしいからだ。

 

ということで、次回からは文法解説に入る予定だ。

 

中2数学は前回に引き続き、単項式の乗除。

 

もりもり問題を繰り返して解いていく。

 

ここは繰り返してトレーニングしてミスを減らしていくことがポイントになる。

 

中2生にとっては、式の扱いが意外と難しく、単純なミスが起きやすい箇所だ。

 

新しい問題をどんどん解きすすめていくよりも、同じ問題を数回繰り返してミスを減らしていくようにしたほうが計算が確実になる。

 

次回も計算トレーニングをたっぷりやって、計算力を鍛えていく。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:50
comments(0), -, pookmark
春期講習終了

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はbe動詞の否定文と疑問文について。

 

今日のところはほとんどミスらしいミスもなく肯定文から否定文へ、肯定文から疑問文へと変換できていた。

 

後は次回、もう少し問題を解いて確実にできるようになっていればよしとしたい。

 

中1数学は正負の数の乗除を分数で。

 

前回に引き続いてミスも少なく、今のところは順調だ。

 

次回からステップアップしていって、そこでもスムーズに計算ができるようになることを目指す。

 

 

 

タイトルにもあるとおり、今日で中学生の春期講習、全日程を終了した。

 

今回の春期講習は、生徒たちの集中が保てるように時間を調節したのが一番大きい変更点だった。

 

集中を欠いてしまう生徒は、正直言って数名いたのは事実だ。残念ではあるが。

 

ただ、昨年度の夏期、冬期でなかなか最後まで集中が保てなかった生徒の多くが改善できていたのは良かった。

 

また、カリキュラムを一部見直し、プリントの消化率を高めた。これに関しては細かいデータをとっているわけではないが、今まで未消化が多かった理科・社会で最後までたどり着くことができる生徒が増えた。

 

まだもう少しカリキュラムの見直しは必要そうなので、この後の課題としたい。

 

そして、今回の春期講習では授業をさぼって欠席した生徒がほぼゼロになった。

 

今までは、特に昼間のタームを中心に、サボりと思われる欠席が続く生徒が数名いた。おそらくお家の方には塾に行くと言って、塾とは別の場所で遊んでいたのだろう。

 

こういうのは、実はすぐにわかる。ただ、最初から完全に追い詰めてしまうと逆効果になる場合もあるので対応は慎重にしている。

 

そろそろお家の方にも直接話をして、警告をしておこうかと思っていたところ、今回の講習では授業の振替をうまく使いながら、欠席がほとんどない状態となった。

 

お家の方もおそらく気付いたのかも知れない。

 

うちの塾の平常授業の場合は送迎があるので、あからさまにさぼる生徒はいないが、講習の時はごくまれに(10年くらい前に2件あった)さぼる生徒がでる。

 

いずれにしても、塾の授業というのは平常授業でも講習でも、欠席すればダイレクトに自分の学力に響く。

 

体調を崩しているのでなければ、きちんと出席すること。それしかない。

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
comments(0), -, pookmark