RSS | ATOM | SEARCH
不定詞に入る、の巻

本日小学算国、中2、高校生。夏期講習は中3の4日目。

 

中2英語はprogram6の文法解説。不定詞の導入から名詞的用法まで。

 

今年は不定詞の導入の解説をがらっと変えてみた。

 

名詞的用法、副詞的用法、形容詞的用法、と最初から細かく分けて教えていっても、結局不定詞ってのはどういうことなんだろうと生徒たちはなかなか納得していないように感じていた。

 

スポーツのコーチング(に限らないが)には分習法と全習法という考え方がある。実際に起きうる場面を切り取って、その場面ごとに習得させて最後に全体的に通す分習法と、試合全体をイメージさせて試合と同じような構造の中で学ばせていく全習法と言ったらいいだろうか。

 

今回は分習ではなく全習的に、まず不定詞をざっくり全体的にとらえられるように説明するところからスタートしてみた。

 

ざっくりとはいえ、根本のところは外してはいけない。ざっくりと言ってわかりやすさを求めて文法事項の根本の部分を外したり都合良く変えたりしてしまう指導というのは案外多い。

 

教える側が、教えるべき事柄と範囲をきっちり把握し、その把握する過程の中で生徒たちが理解しやすいように指導の道筋を立てていくことが授業の準備段階となる。

 

そのときに教える側が把握するべきことをずらしていたり、授業の立案のときにわかりやすさを優先しすぎたりすると、実際の授業はうまくいっているように見えて実は表面的にそっとなでて終わりになってしまうことになる。

 

説明するほうは犬の姿をみせたいのに、説明された側は背中をなでた感触で猫の姿を見たつもりになっている。

 

今日の不定詞の導入は、実はそこまで念入りに準備をしたのではなく、授業に入って生徒たちに向き合って初めて説明の道筋が見えてきたようなものだ。

 

もちろん今日の授業に至るまではいろいろ考えていたのも事実。

 

だが、具体的にぽんと授業の形式で自分の中に落とし込まれたのは授業開始のまさにそのときだった。

 

こういうときは自分の中に落とし込まれた、ほぼそのままに授業が動いたときに「はまった」感じが出る。

 

おそらく今日の授業では、猫の背中をなでた生徒はいなかったはずだ。

 

ただ、説明した人間が思っているのと同じ犬が生徒たちに見えているかどうかは今後の授業の行く末でわかるはずだ。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:09
-, -, pookmark
うまく発音できない…

本日小学算国、中1、中3理社。夏期講習は中3の3日目。

 

中1英語はprogram6の単語チェック。

 

単語は必ず繰り返し発音するようにしているのだが、今回、interestingとdetectiveがうまく発音できない生徒が数名いた。

 

口がうまく動かないのと、なんとなくこちらの発音をまねているだけなのでうまくいかないのと両方が原因のようだ。

 

だからと言ってカタカナ発音になってしまうのも良くない。

 

もちろん発音のつたなさを直接みんなの前で指摘しても英語に対する意欲を失うだけだろう。

 

今後の授業でも繰り返し音読していくので、だんだんうまく発音できるようになればいい。

 

次回から文法解説に入る。

 

中1数学は方程式の計算パートのラスト。解を代入して別の文字についての方程式を解くというパターン。

 

代入段階でのミスが目立ったのが残念だった。対して方程式の解法そのものではミスがかなり減っているのは好材料。

 

次回は文章題に入る前に方程式の解法を集中トレーニングしておく予定だ。

 

1回で済ませるか2回とるかは授業中の様子を見て決めたい。

 

 

 

今日の単語チェックより。もちろん中1生は誰も知らない。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:45
-, -, pookmark
昼も夜も!

本日小学算国、中3、中1理社。夏期講習は中3の2日目。

 

中3英語はprogram5の本文解説。次回でラスト。

 

中3数学は2次方程式の応用問題で、動点の問題。

 

動点の問題は「飛んでいる矢は止まっている」作戦で考えるのが基本だ。(今日は時間が無かったので「飛んでいる矢は止まっている」で遊んでいる暇はなかった)

 

そして図を書いたら長さなどの数値をどんどん書き込んでいく。もちろん文字で置くところは文字で。

 

それから条件に従って方程式をたてて解くことになる。

 

図はフリーハンドで大きめに書けるようになってきたし、数値の書き込みもほぼ大丈夫。解の吟味も今年の中3はある程度自分で考えられる生徒が多い。

 

あとはもうすこしスムーズに解ききれるといい。

 

 

 

中3は午後に講習、夜が平常授業というハードな一日だった。

 

今年は意図的にこういう「2階建て」の日を作ってある。一日のうちでなるべく多くの科目に触れて勉強のペースを体感してほしいというねらいもある。

 

昼も夜では生徒たちの座席が異なるので、ちょっと面白い。

 

ということで明日も「2階建て」の日となる。

 

 

ま、歌詞は生徒の気分とは違うだろうけど。(もちろん私の気分ともさすがにちょっと違う)

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:51
-, -, pookmark
中3夏期講習スタート

本日小6英語、中2、高校生。夏期講習は中3の初日。

 

中2英語はprogram5の基本文テストを実施した後にprogram6の単語チェックをした。

 

次回から文法解説の予定だ。

 

中2数学は一次関数。

 

まずはグラフから式を求めたり座標を求めたりする基本トレーニングから。

 

そのあとに今日のメインテーマで、傾きと一点の座標から直線の式を求める問題を扱った。

 

本当は一気にいろいろ直線の式を求める問題をやりたいのだが、関数が苦手になっている生徒もいるので、あまり飛ばさずにパターンを絞って攻略していくことにしている。

 

今日のところはひとまずクリア。次回は先へ進む。

 

 

 

中3は今日が夏期講習の初日。例年よりもスタートの時期をずらして開幕だ。

 

今日は英数国の授業。数学だけは進度の都合上、平常授業の継続で先へ先へ進んでいく。

 

英語は肯定文から否定文・疑問文を作る問題オンリーで確認テスト。全問正解が1人もいないのは残念。

 

国語は文法の復習からスタートで、例年とは違う形式としてみた。講習の入りとしてはよかったかもしれない。

 

中3の夏期講習、今年は日程を一気に消化する。

 

平常授業の日も講習を実施していくので生徒たちにとっても厳しいだろう。

 

予習、授業、復習というステップを、日程の上でもはっきりさせるのが狙いだ。

 

8月18日まで、とにかく勉強に打ち込みたい。

 

 

 

中2の授業中に新出単語の絡みで少し話を振ってみたが、かなり反応が薄かった…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:10
-, -, pookmark
今日も花火の音の中

今日は夏期講習、中1・2のターム6。

 

昨日に引き続き、花火の音が響く中での授業となった。ただ、昨日よりも音が大きくなかったので、生徒たちもそれほど気にならなかったのではないか。

 

むしろ地震のほうが気になっていた様子。

 

肝心の勉強の進み具合は、中1生のほうがしっかり取り組めていた感じだ。

 

わからないところは参考書などで調べたり読み込んだりしながら進められていた。

 

対して中2生は数名を除いて中1よりも取り組み方がよくなかった。

 

間違えてもわからなくても平気で次に移ってしまう。だから同じような間違いを繰り返すことになる。

 

間違えた問題を復習するように何度も何度も声をかけているが、それでも生徒たち自身が実際に動き出さない限り効果が上がるわけもない。

 

ここのところの中2生の勉強の様子を見ていると、むなしさがどうしても胸に残る。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:41
-, -, pookmark
花火の音が低音で響く

本日中1、高校生。

 

今日は地元のお祭り。これは小規模なのでそれほど影響はない。一方、寄居では水天宮のお祭り。こっちの花火の音がすごい。送迎中には遠くに花火が見えていたが、授業中には花火の音が低音で響いてくる。

 

今年の中1生はほとんど集中を乱されなかった(たいしたもんだ)ので、こちらも特に気にせず授業を展開できた。

 

中1英語はprogram5のあとの小単元。

 

解説は前回軽く済ませておいたので、教科書を音読した後にワークで問題演習。

 

メインテーマではないが、usuallyの使い方で手が止まっていた生徒が数人いたので解説をつけたしておいた。

 

次回は単語テストを実施してからprogram6に入る予定だ。

 

中1数学は比例式について。

 

比例式は数学ではもちろんだが、理科でもよく使うことになるのでしっかりやっておきたいところだ。

 

ただ、毎年ひとりかふたり、どうしてもうまく解けない生徒が出てしまう。

 

解法のコツ自体はそれほど複雑なものでもないし、方程式そのものはさっと解けるようになっているので、比そのものに対する理解に関して何か引っかかるところがあるのかもしれない。

 

今回のケースでは、なんとか正解を導けるところまでたどり着いたが、こちらとしても研究がさらに必要だ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:40
-, -, pookmark
久しぶりで忘れていた

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram5の本文の音読からスタートして、そのあとにワークの問題演習。

 

次回は基本文テストを実施してからprogram6に入る予定だ。

 

中2数学は一次関数のここまでのおさらいで、前回の続き。

 

グラフの扱いを中心に学習を進めてきたことになる。

 

次回以降は進度を進めていく予定だ。

 

 

 

 

ここのところ、問い合わせや新入塾が続いていて、今日も小学生がひとり新しく入った。

 

お家の方が卒塾生で、お迎えに行くのも数十年ぶり。

 

すっかり覚えているつもりで地図での確認もそこそこに車で向かったのだが、恥ずかしながら一本道を間違えてしまった。

 

きちんと確認しておけばと反省。

 

それでも久々にお家の方の姿を拝見し、お元気そうな様子もうかがえてよかった。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:51
-, -, pookmark
安定してきた、と思いきや

本日小学算国、中1、中3理社。

 

中1英語はprogram5の基本文テストを実施してから次の単元の単語チェック。

 

基本文テストは、英文を暗記する力がついてきた生徒とそうでない生徒の差が今のところかなり開いている。

 

英文の暗記は軽視されることもあるが、英語を理解するための土台となる部分だ。粘り強く働きかけて暗記する力をつけていきたい。

 

単語チェックの後は時刻を尋ねる表現を解説して終了。

 

次回は時刻を尋ねる表現についてのワーク問題演習の予定。

 

中1数学は方程式の解法、小数のある問題について。

 

前回扱った分数の問題と基本的な考え方は同じなので、かなりスムーズに例題をこなして確認問題へ。

 

確認問題を解いている様子を見ると、全員が安定して方程式を解ける段階に入ってきたように感じられた。

 

よーし、いいぞいいぞと思って、練習問題に入ると今度は一転、符号のミスが出始める。

 

ちょっと安心するとこれだからな…と思いつつ見守っていると、ほぼ全員がミスの傾向に気付いて修正し始めた。

 

修正が自分でできるのはいいことではある。

 

ただ、最初の安定感がやや削がれてしまったのは残念。

 

まだまだ修行は続く。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
-, -, pookmark
ひたすら勉強する生徒と…

今日は夏期講習、中1・中2で午後にターム5、夜にターム6。

 

午後に来た生徒たちは、ずいぶんと勉強がはかどった。

 

途中1年生が眠そうにしていたが、それでもやるべきことはきっちりこなして、たいていの生徒はやりきることができない量の問題を解ききった。

 

そのほかの生徒たちも、終わらせておいてほしい範囲は解ききっていたので、昨日今日とかなり集中してやりきった。

 

夜は一転。

 

1年生はかなり頑張って社会(2人とも同じコースを選択していた)の問題を解き、1学期の復習と2学期の先取りをほぼ済ませるくらいまで進んだ。

 

2年生はほとんどの生徒がよく頑張ったと思うが、一部の生徒が全く勉強する様子を見せない。

 

いつもテスト対策も講習も、来るには来るがひたすらだるそうに落書きをしたり消しゴムで消したりして時間を消化しているだけだ。

 

わからないなら、他の生徒のように質問したり参考書などで調べたりすればいいのに、そういう行動は絶対にとらない。

 

こちらの様子をちらちらうかがっているが、うかがっているだけで真面目にやる様子もない。

 

いつも思うが、本当に塾に何をしに来ているのだろう。

 

毎回むなしく思う。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:33
-, -, pookmark
もりもり解く日

本日中1、高校生。夏期講習は中1・2のターム5。

 

中1英語は教科書の音読から入ってワークでの問題演習。

 

各自もりもり問題を解きすすめていく。

 

間違えた問題は正しい英文をノートに書いて練習する習慣がついてきた。

 

今日はさらにその練習を工夫するように話した。

 

機械的に回数を決めて練習するのではなく、ここは多めに、ここは1回書いて確認すればいい、こっちは英文を書き出した後に単語だけピンポイントで覚え直そう、など自分でどうすればいいかを考えて勉強できるようにしてほしいということだ。

 

疑問文の応答の問題なのに、答の英文だけ練習しても何も活きてこない。

 

また、もうひとつのポイントとして、答えに納得させられてないか、ということも話した。

 

解答にこう書いてあるから、というだけで答を鵜呑みにしているだけでは勉強にならない。

 

どうしてこういう答になるのか、ここはどういうことなのか、と自分から考えたり理解を深めたりすることが自分の勉強になる。

 

理解の伴う暗記や反復をしていかないと、勉強がただの作業に成り下がってしまう。

 

折しも夏期講習でeトレのプリント学習を進める時期だ。

 

たくさん問題を解いてプリントの厚みに喜ぶだけでなく、そこから自分で何を学ぶのか、どうやって勉強を進めていくのか、自分の頭で考え、そして工夫して学習を進めてほしい。

 

勉強の質を高めない限り、いくら量をこなしても身につくものが少なくなってしまう。

 

勉強への取り組み方を学び、日々の学習に活かしてほしい。

 

次回は基本文テストを実施してから次へ進む予定。

 

 

author:おかじま, category:塾のこと・考えること, 22:43
-, -, pookmark