RSS | ATOM | SEARCH
理社オプションはなし。

本日中1。

 

中3理社オプションは12月までの授業展開なので、1月と2月は授業がない。

 

もちろん中3自習組はいつもどおり勉強しに来てもりもりやっている。今日はそれ以外の中3生も勉強しに来て質問もしていた。

 

私立単願の生徒の中には極端に勉強量が落ちている生徒もいるのだが、今日勉強しに来た生徒は普段からしっかり取り組んでいる様子が見て取れた。ちょっと安心。

 

中1英語は単語テストを実施。全員合格だったので良かった。毎回再テストが出るというのでは授業ペースにも若干の狂いが生じてしまう。

 

次回は本文解説へ。

 

中1数学は空間内での直線や平面の位置関係について。

 

ここは空間図形に関する感覚によって個人差が大きく出るところだ。

 

今日もそのような個人差が見て取れた。

 

こちらとしては、そうした感覚の差が縮まるように図形の見方を教えているつもりだが、なかなかつかんでくれない生徒もいるのが心苦しい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:35
-, -, pookmark
中1社会、解説が終わり問題演習期へ

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語は文法問題演習、中3数学はプリントで放物線と直線の基本問題を復習した。

 

ここからの中3は、テスト問題でのトレーニングと、今日のように生徒に復習してほしいトピックを取り上げ対応することで授業を構成していく。

 

中1理社オプション、社会は今回の授業で中1の学習内容をすべて終えた。

 

次回は復習を入れ、そのあと1月最終週からテスト対策に入れそうだ。ちょっと時期的に早いが、たっぷりと繰り返し問題を解くことができるはずだ。

 

 

 

今日からどのクラスでも、新年度の塾のしおりを配布し始める。

 

新年度に向けての募集開始、ということでもある。

 

うちの塾は38、9年の歴史がある。私が父の後を継いでからも今年で20年たつ。

 

決して大きな塾ではないし、立地も非常に悪い。広告も出さないし、ウェブサイトも簡素なものだ。

 

そんな吹けば飛ぶような塾でも、ここまで続けてこられたのは、人と人とのつながりによると私は思っている。

 

親子2代で通ってくれる方も増えてきた。

 

 

 

 

真面目に生徒たちが勉強する場所にするために、私も真面目に働く。

 

ごまかさず、嘘もつかず、フェアに、そして真摯に生徒やお家の方々に接していく。

 

毎年新しい塾のしおりを配るたびに決意を新たにする。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
-, -, pookmark
冬期講習全日程終了

本日小6英語、中2、高校生。冬期講習は中1・2のターム6。

 

中2英語はprogram10の単語テストを実施してから本文解説。次回も続きで。

 

中2数学は一次関数と平行四辺形の問題。

 

今日扱った問題はほぼ全て同じパターンなので、最後のほうはこちらが板書するよりも速く解答できている生徒もいた。

 

次回は三角形の面積の2等分と一次関数の問題をやって、図形の単元を終える予定だ。

 

 

 

タイトルにもあるとおり、今日で冬期講習の全日程が終了した。

 

中3はすでに一昨日終了していたので、今日も朝から自習でもりもり勉強していた。

 

中1・2は勉強への取り組み方に大きく差が見えた冬期講習だった。

 

今日も全くやる気のない生徒もいて、見ているこちらがやる気を削がれるような気がするくらいだった。

 

いつもの年なら、冬期講習が終わってほっとして、その夜にはビールでも飲んでリラックスするところなのだが、今年はそんな気分になれない。

 

精神的に非常に重いダメージを数発食らった年末年始だったので、疲労感がとてつもない。

 

明日からまたきちんと仕事に向き合うためにも、今日は早く寝たいと思う。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
-, -, pookmark
少し持ち直した気もする

本日冬期講習は午後に中1・2のターム6。夜にターム5。

 

おとといのターム5の授業では、生徒たちの勉強の様子を見ていてかなり気が抜けた感じがしたが、今日はわりとシャキッとした表情で取り組めていた。

 

特に中2男子は、プリントを進めるスピードもあり、正確さもまずまず。

 

3学期に向けてある程度の手応えが感じられた。

 

中1・2の冬期講習は明日のターム6で全日程終了となる。

 

 

 

中3自習組は朝9時スタート。

 

で、今日は午前中に日食がみられるということで、日食グラスを人数分用意して観察してもらおうと思っていた。

 

休憩時間ごとによく見ていた生徒もいたが、あまり興味を示さない生徒もいた。

 

予想どおりと言えばそのとおりなのだが。

 

ということで、明日も午前9時スタート。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:10
-, -, pookmark
高等部の塾のしおりの裏の言葉

小・中学部の塾のしおりの裏に書いてある言葉の話は、かなり前に記事にしたことがある。(こちら

 

一方、高等部のしおりの裏にも、気に入っていることばを載せてある。

 

ラテン語だ。

 

意味は、「賢者が己に打ち勝つ時、彼は少しも征服されていない」「それゆえ、自由に向かって出発すべきである」というもの。

 

高等部のしおりの本文にも書いてあるが、高等部では塾生の「自立」と「自律」を目指し、また根本の価値観として日々運営している。

 

その価値観を表していることばだと考えている。

 

これらの箴言を岡島学習塾の高校生たちがどのようにとらえ、成長していくのか。

 

大いなる楽しみでもあり、大きな責任を負っていることも自覚している。

author:おかじま, category:塾のこと・考えること, 21:44
-, -, pookmark
中3冬期講習終了

平常授業は今日から再開で中1、高校生。冬期講習は中3の12日目、国語と英語。

 

中1英語はprogram10の文法解説が終了。次回は単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中1数学は、見取り図、展開図、投影図について。

 

基本的なところからスタートして、テキストの問題演習まで終えた。

 

今年度から大型ディスプレイを導入したのは以前にも書いたとおりで、PCの画面をそのまま映し出せるから、立体を大画面に映し出して解説できてなかなかよい。

 

今までは立体をイメージさせるのが一苦労だった。

 

投影図も画像で見せられるので、生徒たちもイメージが良く伝わったと思う。それが証拠に、その後の問題演習でも、いつもの年ならかなり苦労する問題もさっとできていた。

 

次回は続きでやっていくが、またもや大画面での解説が活きてくるはずだ。

 

 

 

さて、タイトルにもあるとおり、中3の冬期講習は今日が最終回だった。

 

今回の冬期講習は、例年どおりのテストゼミ形式ではあったが、一方で解説だけに終わらせず、生徒たちのトレーニングとして鍛えられるところは鍛えるという目論見をもって授業にあたった。

 

それは例えば英語に顕著で、リスニングの放送台本を利用したトレーニングをこの講習期間を通してやってきた。

 

逆に社会などはもうちょっとトレーニングの部分を多くしたかったという反省もある。

 

理科は解説にかなりの時間を割いて、動画なども積極的に利用した。

 

さあ、ここからがまた新たなスタートだ。

 

公立入試までおよそ50日程度。

 

これを少ないとみるか、まだまだと見るか。

 

それは各自の勉強の取り組み方、つまり一日一日の勉強の密度による。

 

どれだけ志望校合格に向けて胸を焦がし、勉強に打ち込めるかによるのだと思う。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
-, -, pookmark
まあやっぱり差がね

本日冬期講習は中3の11日目、理科と国語。夜に中1・2のターム5。

 

中3は明日がラスト。正月休みもはさんだので、それほど疲れもたまっている感じではない。もちろん疲れていないということではないのだが。

 

勉強のペース自体もほとんど落ちている感じもしないので、あとはここからどれだけ私立入試に向けて仕上げていけるか。

 

一方、中1・2は久々に勉強したのだろう。最初は元気が良かったが、次第に集中力が落ちてきて、最後のほうはペースダウン。

 

昼間、中3を見ていただけに、その差を大きく感じてしまった。

 

まあ、明日から平常授業も開始するので、徐々にペースを戻していくしかない。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:28
-, -, pookmark
さて、年も明けて

さて、年も明けて数日経ったが、本日も授業はなし。

 

午後6時から中3自習組は集合、勉強開始とした。

 

実は、予定表の時間割の欄には午後6時スタートで設定しておいたのだが、脇のコメントには「午後7時スタートです」と書いてしまっていて、しかもそのミスに気付いたのが午後5時過ぎという始末。

 

あああ、新年早々ミスをしてしまったよ…。

 

ゴホン。

 

気を取り直して。

 

自習組も全員がそろったわけではないのだが、来た生徒たちは黙々と勉強していた。

 

今日は特別な日でもなんでもない。合格するための努力を継続する日だ。

 

継続することを継続する。そこがなによりも本人の成長につながる。

 

 

 

来年と言っていた年が、いよいよ今年になった。

 

今日からまた、全力で歩もう。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
-, -, pookmark
亀よ歩め

本日の授業はオフ。

 

中3自習組は午前9時スタートで午後11時まで黙々と勉強できた。

 

最後に動画を見てもらって終了。

 

1月1日、2日と休養日にして、自習組は1月3日の午後6時からスタートとなる。

 

この期間、家でもできる限り時間をとって勉強してほしい。

 

大晦日も正月も、勉強しなくていい日ではない。

 

だからと言って、「他人が勉強しないときに勉強しなければ」とか「他人の2倍、3倍勉強する」とか、そんなことは考えなくていい。

 

人との比較でなく、自分がやるべきことをひたすら継続していく。それだけの話だ。

 

今、中3生は受験を目の前にして、そうした道のりの過程にいるはずなのだ。

 

大晦日や正月を、勉強のイベントとはしないし、させない。イベント化して生活リズムを崩しては何の意味もない。

 

今日も明日も明後日も、合格するための1日として、準備し、行動し、継続していく。

 

 

 

うちの塾生は「ウサギとカメ」のカメでよい。

 

他人と比べることでしか自分を確認できないウサギよりも、自分の目標に向かって黙々と歩むカメでよい。

 

だから明日も明後日も勉強する。

 

自分のとるべき行動は自分で決める。

 

周囲に甘えず、凛として歩め。

 

歩み続ける意志を持った生徒たちと、私はともにある。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:12
-, -, pookmark
今日も明日も

本日冬期講習は中3の10日目、英語、理科、社会。

 

夜に中1・2の講習を入れずに、中3の講習の時間をいつもより長めにとった。とったのはいいが、さすがに厳しかった。

 

昨年もこの時間割の設定を一日入れてあったのだが、昨年よりも厳しく感じた。(としのせいではないじゃろか?)

 

ここに英語を入れてしまったのがきつく感じる最大の要因。

 

例えばここに、英語ではなく国語を入れての設定ならそこまできつく感じなかったはず。

 

英語は学力検査(標準タイプ)と学校選択(上位タイプ)の2種類のテスト問題で授業準備をしなくてはならなかったからだ。もちろん国語は1種類の準備で済む。しかも英語の問題が、今回に限ってちょっとややこしい。

 

まあそれでもなんとか授業に臨んで、年内の授業をすべて終えた。

 

中3自習組は今日も朝から勉強し、午後の講習の後も各自勉強に取り組んでいるし、明日も午前9時スタートで1日勉強することになる。

 

まあ、うちの塾は立地としても、人の多いところから離れた場所にある(!)ので、年末年始の雰囲気はほとんど感じない。

 

生徒たちも塾に来てしまえば勉強に没頭できるはずだ。

 

ド田舎の塾のメリットといえばメリットもなのかもしれない。(ここで泣く)

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:46
-, -, pookmark