RSS | ATOM | SEARCH
こりゃ大変だ

本日小学算国、中3、中2理社オプション。

 

小学生算国は、この曜日に参加者が集中している。総勢10名。

 

これより多い人数での小学生の授業も経験しているが、現在の形式になってからは最多人数だ。

 

しかも小3生が多い。

 

低学年のパワーはなかなかすごい。6年生が大人に見える。

 

まあなにより明るい雰囲気があって良い。

 

一週間でもっともエネルギーを消費する日になりそうだ。

 

中3英語は受動態の復習。すっかり抜け落ちていた生徒もいて、復習する時間をとっておいてよかった。次回は現在完了の導入だ。

 

中3数学は式の展開。分配法則を用いてひたすら計算。次回は続きで。

 

 

 

 

今日は公立高校の合格発表ということで、朝9時前から電話の前でスタンバイしていた。

 

生徒たちからの電話を待っているというのに、全然関係ないところからの電話が入る。これにはいささか腹を立てたが、腹を立てても仕方がない。仕方がないのはわかっているが腹は立つ。

 

そんなこんなで生徒たちの連絡を待ち、直接報告に来てくれた生徒とお家の方にもあいさつ。

 

ただ、結局連絡をしてくれない生徒が2名いたので、午後になって県のウェブサイトで合否を確認し、塾生の全員合格が確定した。(夕方に1名は連絡があってほっとした)

 

全員が合格したのはもちろんうれしい。しかし、きちんと連絡をしてほしかったので、連絡のない生徒がいたのはかなり残念だ。

 

うれしさも中くらいなり、といったところか。

 

合格発表とともに、次へのスタートということで、高校準備講座、あるいは高等部への申込みもいただいた。

 

新たに気を引き締めて指導にあたりたい。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:58
-, -, pookmark
2019年度入試結果

岡島学習塾の2019年度入試の結果です。


・県公立高校(50音順)

浦和第一女子 1名

熊谷 1名
熊谷西 1名

誠和福祉 1名

深谷商業 1名

深谷第一 2名
本庄 1名

松山女子 1名

妻沼 1名

 

・私立高校(50音順)
かっこ内は合格者のうち進学した人数

埼玉平成 1名(1名 内単願1名)

正智深谷 2名
東京成徳深谷 5名(1名 内単願1名)
本庄第一 1名(1名 内単願1名)
本庄東 2名

武蔵越生 1名(1名 内単願1名) 


合計14名

author:おかじま, category:高校入試結果, 14:08
-, -, pookmark
言ったとおりにやる

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram1の単語チェック。

 

次回から文法解説に入る。

 

中2数学は多項式の加法と減法について。

 

かっこをつけたり外したり、面倒と言えば面倒なのだが、今年の中2はわりと言ったとおりに解いてくれるので大きなミスはしない。

 

言ったとおりにやるというのは単純ではあるのだが、実はかなり大切なことだ。

 

言ったとおりにやるためには、まず説明をよく聞かなければならない。そして、その説明どおりに自分のノートに再現しなければならない。

 

できなくなってしまう生徒は、まずこの段階からずれてしまっていることが多い。

 

端的に言って「聞いていない」し「見ていない」のだ。

 

顔は前を向いていて、こちらの話を聞いているように見せているが、実は説明を上の空で聞いていて、視線の先のものは視界に入っているだけでしかない。

 

また、自分が実際にその問題を解くことになるという意識も欠けているから、いざ自分で解くときには全く手が動かない。

 

こうした積み重ねが確実に学力を低下させてしまう。

 

授業をよく聞き、言ったとおりにできる生徒は、当たり前だが良い習慣を積み重ねて力をつけていく。

 

伸び悩む生徒だって、聞けば「授業はよく聞いている」と答えるのだろうが、聞いているというその行動自体に差が生じている。

 

教える側は、その差に気付き、生徒が良い習慣を身につけて授業を聞けるように仕向けていくこともまた大切なことになる。

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:05
-, -, pookmark
鼻が…

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

小学算国は、昨日から入塾した生徒たちがわりと仲良くなっているのに驚いた。

 

今日から入塾した生徒とも打ち解けていて、小学生の順応の速さはすごい。

 

雰囲気もよく、それなりに良いスタートとなったと思う。

 

中1英語はアルファベットの練習の続き。

 

次回はチェックテストを実施することにした。

 

中1数学は数直線を利用しての数の大小について。

 

数直線を何度もたどりながら数の大小を確認していく作業に地道に取り組んでもらった。

 

正負の数というと、すぐに計算を、となってしまいがちだが、計算に入る前にこうした地味な準備をして、数の感覚を確かなものにしておく必要がある。

 

次回から段々と計算問題に移行していく。

 

新中3は理社オプションの初回。

 

社会は第一次世界大戦とそのあとの国際関係について解説した。

 

興味深そうに聞きながら、熱心にノートをとっていた。

 

 

 

 

ということで、授業自体はなんの問題もなく、無事に進んでいる。

 

しかしまあ、この2日間、花粉症のせいだと思うのだが、鼻水はすごいし、喉の調子も悪いし、頭も痛かったりぼーっとしたりで、私自身のコンディションはかなり悪い。

 

授業中は気が張っているので、(おそらく)大丈夫なのだが、授業の前後がもうぐったり。

 

明後日は合格発表もあるのに、ああ、こんなことでは…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:42
-, -, pookmark
小学生も本格スタート

本日小学算国、中3。

 

小学算国は今日から本格的に授業を開始した。

 

小学生の算数の最初は、その学年までの学習内容のチェックからスタートする。

 

ここで各自の弱点を割り出し、それぞれの学習メニューを作って弱点を克服できるようにしていく。

 

小学生の国語は漢字の学習からスタート。

 

昨年までの復習からスタートした生徒もいるし、新学年の新出漢字の学習からスタートした生徒もいる。

 

このあたりは前からいる生徒と新入塾の生徒で取り組む内容が異なってくるところだ。

 

いずれにしてもゴールデンウィークまでには新出漢字の学習を終えたい。

 

小学生の授業は昨年までと変えたところがいくつかある。

 

授業そのものの変更はわずかだが、一番大きい変更点は、いわゆる「置き勉」というやつだ。

 

いくつかの学童から直接塾に来る生徒がここ数年増えてきたのだが、そうなると塾の勉強道具を学校に持っていくことになる。

 

それなりに重いから、小学生にはけっこう大変なのと、忘れ物をする生徒が増えてきてしまうことが問題点だった。

 

そのうちに、塾に国語の辞書などを置きっぱなしにする小学生も出てきて、それでもなんとかなるかという目処がついたこともあり、本棚のスペースを空けて、小学生は授業道具を置いていってもいいということにした。

 

もちろん家に持ち帰りたい生徒はそれもOKだ。

 

今日は大部分の生徒が道具を置いて帰った。何か問題点が出るようであればその都度対処し、よりよい方向に持っていきたい。

 

 

 

 

 

 

新中3英語はprogram1の単語チェック。

 

次回から文法解説に入る。

 

新中3数学は多項式と単項式の乗除について。

 

文字が混ざった逆数についてもおさらいして、全体的にはまずまずの出来具合だ。

 

もうちょっとスピードが上がってきてくれればいいが、それは今後の課題になるはず。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:35
-, -, pookmark
新中2もスタート

本日新小6英語、新中2、高校生。

 

新小6英語はもちろんアルファベットから。今日は発音を繰り返し、小文字を書けるように練習した。

 

あと数回かけて、アルファベットを何も見ないで書けるようにする。

 

新中2英語は次回からとして、数学の時間を多めにとった。

 

まずは単項式と多項式の区別、そして次数についての解説。

 

後半は同類項をまとめる多項式の計算について、解説と問題演習。

 

新入塾の生徒も数名いたので、問題を解くスピードにばらつきが出るかと心配していたが、実際にはあまり気にならない程度で進めることができた。

 

次回は続きで。

 

 

 

定期テストの点数も、だいたい判明したが、一部の中学校の国語の平均点がかなり低いようだ。

 

うちの塾生もあまり点数がとれていない。

 

出題自体のまずさもあるのかもしれないが、どういう問題が出たとしてもきっちり結果を出せるような準備をさせることができなかった私たちの側の甘さも反省しなければならない。

 

真面目に取り組む生徒が多いこのクラスの生徒たち。

 

その真面目さに私たち指導する側が甘えてはならないはずだ。

 

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
-, -, pookmark
新年度授業スタートします

本日新中1。新年度の授業が今日からスタートだ。

 

最初の授業というのは、生徒も緊張しているが、私たちも緊張している。

 

午後の早い時間からそわそわしていた。

 

新中1英語はアルファベットから。

 

ここ数年、小学校でも英語の授業があったり、うちの塾以外でも英語を習っていた生徒がいたりするので、アルファベットの学習にかける時間は徐々に少なくなっている。

 

ただ、きっちり読んで書いてという段階まで達している生徒は少ない。

 

今日もやはり、うちの塾で小学英語を学んでいた生徒が、発音するのも書くのも最も速く正確だった。そのあたりの差はどうしても出てしまう。

 

次回もアルファベットの学習を続けるつもりだ。

 

新中1数学は正負の数の最初のところ。

 

ひとつひとつていねいに解説を進めた。

 

次回は絶対値なども含めて学習していく予定だ。

 

新中1国語は、小学生の漢字の総復習&チェック。

 

完璧という生徒はいなかったが、まずまずのでき具合だった。小学校卒業までに復習するにはいいタイミングだったはずだ。

 

次回から教科書に入る。

 

 

 

 

 

新中1といえども実はまだ小学生。

 

この時期の授業は眠くなってしまう生徒がいるかどうかが、こちらの心配の種のひとつ。

 

今日の様子なら、まあ大丈夫かなというところだ。元気よく帰宅していった。

 

生徒たちは教材の重さに驚いていたようだが…。

 

今日は各種配布物もあったので忘れずにお家の方と確認してほしい。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:29
-, -, pookmark
雨の入試

今日は学力検査の日だ。

 

雨の入試はあまり記憶にない。

 

私のほうは問題と解答がウェブにアップされる前にいろいろ片付けなければならず、落ち着かない日となった。

 

早めに夕食を済ませ、ウェブにアップされた問題と解答を確認し、解答を印刷して自己採点に来る生徒に配布できるようにして生徒を待つ。

 

自己採点は午後8時に開始する予定でいたが、ちょっと時間が遅れてスタートした。

 

自己採点をする生徒の表情はさまざま。

 

涙を浮かべる生徒もいたし、表情を全く変えない生徒もいた。

 

全員がうまくいく入試があるとは思えないし、生徒ひとりひとりで抱える感情は異なる。

 

とりあえず、いまは待つだけだ。

 

いろいろ噂がこれから出るだろうが、いちいち気にしていても意味はない。

 

岡島学習塾の生徒としてここまでやってきて、よその入試に関するいろいろな噂がでたらめばかりだということは実感してきているはず。

 

問題の講評も、このあといろいろ出るのだろう。

 

私たちは入試の評論家ではない。そういったものに惑わされないでほしい。

 

実際初めて県立高校の入試を経験する生徒が、入試の本番で限られた時間で問題を解くときに感じることと、周りの大人が下す、問題が難しくなったとか易しくなったとか、そういう評価には大きな差がある。

 

さて、明日面接がある人はあともう一息。

 

ここまでよく頑張った。

 

とにかく合格発表まで待つだけだ。

 

 

 

I'm proud of you.

 

しばしの間、心身ともにゆっくり休めてほしい。

 

 

 

 

The Living Proof      (映画 ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 テーマ曲)

 

It's gonna be a long long journey 
It's gonna be an uphill climb
It's gonna be a tough fight
There's gonna be some lonely nights
But I'm ready to carry on
I’m so glad the worst is over (cos it almost took me out)
I can start living now ooh ooh
I feel like I can do anything 
And finally I'm not afraid to breathe 

[CHORUS]
Anything you say to me 
And everything you do 
You can’t deny the truth
Cos I’m the living proof
So many don’t survive 
They just don’t make it through
But look at me oh ho
I’m the living proof - oh yes I am

Thinking 'bout how life's been painful
Took a while to learn how to smile
So now I’m gonna talk to my people oh oh
About the storm [2x] wo ooh
So glad the worst is over
I can start flying now oh ho
My best days are right in front of me
Yet I’m almost there
Cos now I’m free oh

[CHORUS]
Anything you say to me 
And everything you do 
You can’t deny the truth
Cos I’m the living proof
So many don’t survive 
They just don’t make it through
But look at me, I’m the living proof 

[BRIDGE]
I know where I’m going 
Cos I know where I’ve been oh oh 
I kind of feel strong as
I’m gonna stay strong keep going
That’s the way that I’ll win

[CHORUS]
Anything you say to me 
And everything you do (everything you do)
You can’t deny the truth
Cos I'm the living proof
So many don’t survive 
They just don’t make it through
But look at me, I’m the living proof 

Nothing ‘bout my life’s been easy
But nothing’s gonna keep me down no
Cos I know a lot more today 
And I know yesterday 
So I’m ready to carry on

 

長い道のりになると思う
上り坂のきつい道で
きっと苦しい戦いになる
ひとりぼっちになる夜もあるはず
だけどやってみせる
最悪の時はもう過ぎた(だって負けそうになったもの)
だからこれからまた人生をやり直す
出来ないことなんかなにもない そんな気がする
やっと自由に息ができる

何を言っても
何をしても
事実は曲げられない
だってここに生き証人がいるから
ここまで来られなかった人も少なくない
途中で挫折して諦めた
でも見てごらん
ここに生き証人がいるんだよ 目の前に

今までの辛かった人生を思い返してた
なかなか笑顔になれなかった
だけどこれから仲間に話すんだ
その辛い思い出を
最悪の時はもう過ぎた(だって負けそうになったもの)
今なら空だって飛べる気がする
これからが人生で最高の時間
それがまさに始まろうとしてる
だってもう自由なんだから

何を言っても
何をしても
真実・事実は曲げられない
だってここに生き証人がいるから
ここまで来られなかった人も少なくない
途中で挫折して諦めた
でも見てごらん
ここに生き証人がいるんだよ 目の前に

これからどうすればいいのかはわかってる
だって今までの経験を覚えてるから
強くなった気がするよ
だからこのまま頑張り抜くよ
そうしなきゃ勝てないから

何を言っても
何をしても
真実・事実は曲げられない
だってここに生き証人がいるから
ここまで来られなかった人も少なくない
途中で挫折して諦めた
でも見てごらん
ここに生き証人がいるんだよ 目の前に

辛い思い出しかない人生だけど
それでも決して負けたりしない
もうバカじゃない
バカだった頃のことも忘れてない
きっとやり遂げてみせるよ

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:31
-, -, pookmark
入試前日

入試前日。

 

中3自習組は、いつもどおり集合していつもどおり勉強していつもどおりにこにこ笑いながら帰って行った。

 

入試前日だからといって、あおることもしないし、感動のスピーチもない。

 

まあ最後は毎年恒例のプレゼントを渡したので、くどいだじゃれに生徒たちは苦笑していたのだけれども。(これもいつもどおりか)

 

明日は、できることをできるだけやるだけだ。

 

平常心なんていらない。

 

120パーセントの力を発揮する必要もない。

 

そのときだけの都合のいい奇跡は起こらない。

 

ここまで積み重ねた日々を自分のよりどころとすればいい。

 

 

 

 

 

 

 

最後に毎年書いている同じ話を。

 

 

 

明日家に帰ったら、お家の人に感謝の気持ちを伝えてほしい。

 

「今日までありがとう。無事に受験を終えることができました」と。

 

みんなの受験の日は、そうやって締めくくってほしい。もちろん面接のある人はその後でいい。

 

そして、お家の方々は、結果が出る前だからこそ、「よく頑張ったね」と生徒たちに声をかけてあげてほしい。

 

そうやって、ご家族にとっての高校受験も締めくくってほしい。

 

 

 

 

生徒たちが成長するのは、合格という結果によるのではなく、合格するためにもがきながら努力し続けた今日までの道のりによってだ。

 

その道のりは、生徒がひとりで歩んだものではない。お家の人の支えがあってこそだ。

 

また、お家の方々も、我が子の受験を心配しながら見守っておられたと思う。

 

そういう意味では、生徒本人だけの受験ではなく、お家の方々にとっての受験でもあったはずだ。

 

だから、生徒たちは感謝の言葉をお家の人に、お家の方々はねぎらいの言葉を生徒たちに、お互い声を掛け合ってほしい。

 

結果が出る前だからこそ。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:21
-, -, pookmark
平常授業終了。

本日小学算国。

 

今日で今年度の平常授業はすべて終了した。小学生は今日も元気。

 

漫画を読んで勉強して、元気よく帰って行った。

 

夜は中3自習組が午後9時まで。中1生も定期テストの勉強に来た。

 

明日は中3の自習だけが組まれている。

 

授業はなくても入試本番に向けて気は張っている状態だ。

 

もちろん一方で、私たちは新年度の準備にとりかかることになる。

 

 

 

 

 

おかげさまで無事に全日程を消化できました。

 

心より感謝いたします。

 

新年度の授業は3月2日(土)より開始いたします。

 

この日から塾生は新学年へと切替になります。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

岡島学習塾 岡島啓介

author:おかじま, category:塾その日その日, 21:44
-, -, pookmark