RSS | ATOM | SEARCH
難しいのではなく

本日小学算国、中3、中1理社オプション、高校生。

 

中3英語はprogram3の基本文テストを実施。そのあとは数学へ。

 

今日は数学の時間を増やして授業を行った。

 

ということで中3数学は平方根。根号をふくんだ加減について。

 

簡約化と有理化を素早く処理できるようになった生徒たちは、今日のところもミスも少なくもりもり計算を進めることができていた。

 

その反対にまだ素早く処理ができるようになっていない生徒は苦戦。

 

おそらく問題が難しく感じているだろうが、実際には自分自身の修行不足にほかならない。

 

ここを甘い言葉でぼかして生徒たちに話していると、いつまでたっても計算がうまくいかないだろう。

 

マスターするのが速い生徒もいれば遅い生徒もいるのは事実だ。

 

全員が同じように理解し習得するのではない。

 

習得するのが遅くとも、何度も繰り返して自分のものとするしかない。

 

そこまで徹底してやっていく。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:56
comments(0), -, pookmark
文章題に入る

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram4の本文解説。

 

ここは英語で落語を読むという単元なのだが、その話がおもしろくない。

 

いや、面白いのだが、私の話術が拙いせいでオチが伝わらないのかどうなのか。

 

まあ、いずれにしても文法的には取り立てて解説するポイントがほとんどない。

 

とりあえず次回は続きで解説してprogram4を終える予定だ。

 

中2数学は連立方程式の文章題。

 

問題文を図や表にまとめて整理することを重視して指導していく。

 

一発で立式できるのがいいことのように思えるが、問題を把握して整理できる力もやはり重要なのだ。

 

そしてきちんと連立方程式を解いて、その解が問題に適しているかどうかの確認までしっかりやる。

 

式がたてられればそれで良しとするような軽い指導は絶対にしない。

 

次回は続きで。

 

さて、岡島学習塾の受験生とかけて、おもしろくない落語ととく。

 

そのこころは…。

 

どちらも「おちない」

 

…。

 

おあとがよろしいようで。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:02
comments(0), -, pookmark
ノートにまとめはいらないよね

本日中1。

 

中1英語はprogram4の文法解説が終了。

 

次回はprogram4の単語テストを実施してから本文解説に入る。

 

中1数学は式の値について。

 

昨年はここでものすごく苦労したのだが、今日はすっと問題に入ることができた。

 

ただ、全体的に計算スピードが落ちている感じがする。

 

全ての問題を解ききれない生徒が数名いた。

 

定期テスト対策を通じて、題数をこなしながら処理スピードを上げてもらいたい。

 

 

 

 

中1の授業の受け方を見ていると、大多数の生徒のノートの取り方が良くなってきた。

 

授業中にまとめをしようとする生徒がいたが、そうした行為は消えつつある。

 

使う色数を抑えて、メモをとる手数が増えている。

 

しかもメモをとることに夢中になって、こちらの話を聞いていないというようなこともなくなってきた。

 

「ノートをきれいに」と大人はよく言うのだが、この言葉が誤解を生んでいるような気がする。

 

きれいにといっても、やたらに多くの色を使って書くのはきれいとは言えない。

 

しかも授業中にいろいろな色を使おうとしてペンケースをガチャガチャやっていて授業に集中できていないことが多い。

 

こういうタイプの生徒は、勉強から逃げているのだろう。

 

ノートをまとめるという作業を言い訳にして、人の話を聞いたり、自分の頭で考えたりすることを避けているのだ。

 

挙げ句の果てに、こうした生徒のまとめにはミスが多く、結局使い物にならない。

 

中高生の勉強では、生徒自身が行うまとめに意味はない。

 

「まとめ禁止」と言ってもいいくらいだ。

 

それよりも教科書であらかじめまとめてあるページや、ワークのまとめページをよく読んで覚えた方がいい。

 

今年の中1の場合は、こちらがうるさく言わなくてもノートの取り方が良くなってきた。

 

こうした改善が自分たちでできるのが今年の中1クラスの長所でもある。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:55
comments(0), -, pookmark
夏期講習申込み受け付け開始

本日小学算国、中3、中2理社オプション、高校生。

 

中3英語はprogram3を終えて音読トレーニング。

 

ただ機械的に読んでいる生徒がまだいるので、そのあたりも改めて話をした。

 

うちの塾の生徒の場合、英語が苦手な生徒は十中八九、音読が下手だ。

 

発音がいい悪いではなくて、すらすら読めないし、声も小さい。

 

教科書の英文をすらすら正確に読めることが英語の力の源になる。

 

次回はprogram3の基本文テストを実施した後に次の単元に入る。

 

中3数学は平方根の近似値を求める問題。

 

まだ簡約化と有理化がスムーズにできない生徒にとっては、ややきつく感じたかも知れない。

 

逆にこうした処理が手早くできるようになってきた生徒たちは、今日の問題の処理も割とスムーズだった。

 

平方根は最初の意味が理解できたら後はとにかくトレーニング。

 

何回も言うがそこがベース。

 

ベースがしっかりすれば、その上に乗るものもまた、しっかりしたものになる。

 

 

 

タイトルにもあるとおり、夏期講習の案内を配布して、今日から夏期講習の申込みの受け付けを開始した。

 

本当は昨日の中2から配布、受付開始としたかったが、印刷ミスが重なり(実は今日もあったのだが)、今日の中3から配布、受け付け開始となった。

 

今年の中3夏期講習は、今までとは大幅にチェンジして実施するつもりだ。

 

まずは内部生の申込みからということになる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:08
comments(0), -, pookmark
さてさて

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram4の単語チェック。

 

ここはあらかじめ単語の意味は教科書に記されている。

 

したがって聞き流すだけなら、ただ時間が過ぎていくだけだ。

 

こちらとしては意味以外にも様々なことを話したり板書したりしているので、そういった情報をメモできている生徒との違いは大きく開くことになる。

 

次回からは本文解説に入る。

 

中2数学は連立方程式の応用問題に入った。

 

今日は解がわかっているので、それを代入して方程式を書き換えてから解く問題を扱った。

 

代入さえ間違えなければ、計算自体はシンプルなのだが、意外とミスの出やすいところだ。

 

そのあたりを注意しながら解かせたので、なんとかクリアできた感じだ。

 

次回からは文章題に入る。

 

 

 

中2のテスト対策のノートを見てみると、中間テストのときよりも良くなっている生徒が増えていた。

 

とはいえ、まだ復習が形だけに見える。

 

生徒たちにはそこを時間をかけて話した。

 

しつこくしつこく話し続けて、どこまでいい方向に変わることができるか。

 

いつも言うとおり、まずは生徒たちを信じたい。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:16
comments(0), -, pookmark
つかれていても

本日小学算国、中1、中3理社オプション、高校生。

 

中1英語はprogram4の文法解説。複数形について。

 

少し解説が長かったので、疲れている中1生にはちょっと申し訳ないことをした。

 

その後の問題演習の出来はまずまず。

 

次回も続きで進めていく。

 

中1数学は文字の式の意味を考えるのがテーマ。

 

少しずつヒントを出していくと段々ペンが動いていく。

 

本当はノーヒントでぱっと書けるのがいいのだろうが、ここはいきなりでやらせるとやはりキツイ。

 

次回からは文字の式の計算パートに入っていく。

 

中3も実はそうなのだが、中1はかなり疲労している生徒がちらほら出ている。

 

体力的にはきつい時期だ。

 

だが、きつくともできる限り休まずに出席するようにしたほうがいい。もちろんどうしても無理という日は休むべきだが。

 

それでも頑張って塾に来続けることで中学生としての体力がついてくる。

 

中1生にとっては本当に我慢のしどころだ。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:08
comments(0), -, pookmark
ゆうりかの日

本日小学算国、中3、中1理社オプション、高校生。

 

中3英語はprogram3の本文解説が終了。

 

次回は音読トレーニングの予定。

 

中3数学は前回のラストに少し扱った有理化について問題演習。

 

日曜講座でも扱ってあったので、日曜も今日も出席している生徒はかなり処理が速くなってきた。

 

簡約化と有理化については、とにかく問題を多く解いて処理スピードを速めていく。

 

次回は次に進んでいく予定。

 

中3は修学旅行による欠席が続く。授業もがばっと進むことがないように配慮はしているが、全く進まないわけにもいかない。

 

ところで、今年の中3はお土産を買ってきてくれることが多く、すごくうれしい。ほんとうにありがとう。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
comments(0), -, pookmark
すこしずつあがってきた

本日小学英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram3の基本文テストを実施してから次の単元へ。

 

program4に入る前の小単元だ。

 

こうした小単元は飛ばしてしまうこともよくあるのだが、今回は重要表現なので授業で扱うこととした。

 

小単元だけあって、じっくりとことんというわけにもいかないので、ざっくり解説、ワークで問題演習という流れとした。

 

次回はprogram4に入る予定だ。

 

中2数学は連立方程式の解法。いわゆるA=B=C型について。

 

ここはときどき混乱してしまう生徒がいるのだが、今年の中2クラスは割とスムーズに解くことができていた。

 

加減法だけでなく代入法も使いこなせるようになってくると、もっと解くのが面白くなるのだろうが、それはまたもう少し習熟してからの話だろう。

 

次回からは応用・利用の問題に入る。

 

定期テストの結果はまだ出そろわないが、花園中の生徒は順位まで出た。

 

少しずつでも上がっている生徒がほとんどなのでほっとした。

 

下がった生徒もいるが、大きく下げたわけではないので、これもまた少し安心。

 

他の中学も早く結果が全て出そろうといいが。

 

もう期末テストにむかって走り始める時期だしね。

 

はやい?

 

はやくない。

 

3週間くらいかけて準備するのが岡島学習塾の定期テスト対策だ。

 

じっくり力をつけていく。

 

順位が良いか悪いかより、もっと大事なことだ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:11
comments(0), -, pookmark
甘く見ていると…

本日中1。

 

中1英語はprogram4の文法解説。whatを使った文について。

 

このあたりから文法を意識して英語を勉強しているかどうかの差が開いていく。

 

例えば、I  like  music. を「私の好きなものは音楽です」だとか、I  study  English. を「私は英語の勉強をします」として平気で丸をつけてしまう。

 

もちろん正解は「私は音楽が好きです」「私は英語を勉強します」だ。

 

同じような話なんだから別にいいだろうと甘く見てはいけない。こうした間違いは、主語、動詞、目的語という文の要素の理解が不十分であることから起きる。

 

こうしたミスを見逃していると、What  do  you  study  on  Wednesday ? を「あなたが水曜日に勉強するのは何曜日ですか」というような日本語訳を作って平気でいることになる。

 

大げさな話をしているのではなく、これらのミスは恥ずかしながら今日実際にあった生徒たちのミスだ。

 

これまでのやさしい英文で、なんとなく単語の意味をつなげれば理解した気になっている生徒がこういうミスをする。

 

やさしい英文の段階から文法的にひとつひとつ理解してきた生徒との差は大きい。

 

この差を埋めるのは意外と大変だ。

 

真面目に取り組むことをおろそかにしてきたという「積み重ね」が悪い習慣として身についてしまっているのだ。怠惰な習慣というのは直していくのは難しい。

 

人間は楽をしたい生き物だからだ。

 

たかが中1の簡単な英語で大げさな話をしているようだが、経験的にいって間違いのないことだ。

 

生徒たちが自分でぴんと来て意識的に行動を修正し、正しい英語の理解を取り戻していくことができるかどうか。

 

中1の最初というのはこうした大きな分岐点(英語に限らず)がいくらでも転がっている時期と言える。ここが見える指導者に出あうかどうかの差は非常に大きい。

 

中1数学は数量を文字式で表すのがテーマ。

 

以前にちょっとやったところを、中学生の文字の式のルールで立式するようにしていく。

 

今年の中1はこうしたところは意外と強い(計算が遅いのが玉にきず)。速さの問題や割合の問題でも簡単なものならあまり深く解説しなくても式がたつ。

 

ここ数年でも一番早く正確に立式することができるクラスだ。

 

まあ後はさっきも書いたとおり、計算スピードが上がってくれば数学の成績もいい形で安定してくるのではないか。

 

今日はちょっと時間が足りなかったので、次回も続きで取り組む予定だ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:36
comments(0), -, pookmark
テスト対策再開

本日小学算国、中3、中2理社オプション、高校生。

 

中3英語はprogram3の本文解説の続き。

 

次回で終わらせる予定。

 

中3数学は平方根の乗除。前回からの続きといった流れで進めた。

 

最後に有理化の話まで少しふれて終了。

 

有理化の話は次回火曜日の平常授業でする予定だが、修学旅行の日程の都合で欠席となってしまう生徒がいるので、今日、少しでもやっておきたかったのだ。

 

今週は日曜講座もあるので、そこでも有理化の話はするつもりだ。

 

中3の1学期は修学旅行の日程の影響がどうしても出てしまう。

 

中3は他の学年に先駆けて、今回から期末テストに向けてテスト対策を再開したが、これもその修学旅行の日程との兼ね合いによる。

 

生徒たちには修学旅行を楽しんでほしいので、宿題や授業の負担ができる限り軽くなるように調整しているのだが、毎年何とも難しい調整となる。

 

行き当たりばったりやっているように見える?

 

いやあ、普段はそうでも(おいっそうなのかっ)中3の1学期は結構考えて調整しているつもりだ。

 

全員が全ての面で満足するというわけにはいかないのだが。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
comments(0), -, pookmark