RSS | ATOM | SEARCH
新人戦の日

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram7の単語テストを実施してから本文解説へ。

 

今日は単語テストは全員合格。

 

本文解説はいつもどおりの流れで進めた。

 

次回も続きで。

 

中2数学は角度の問題を引き続き。

 

今日のはなかなか苦戦していたが、だんだん図形の見方ができてきたようで、最後はうまく解ける生徒がほとんどになっていた。

 

次に後もう1回、角度の問題の授業となる。

 

証明に入る前にちょっと足踏みしている感じだ。もうちょっと速く進みたい。

 

タイトルにもあるとおり、今日からほとんどの運動部が新人戦となる。

 

今日は欠席が多いかと心配していたが、欠席は1名のみ。

 

疲れているだろうが、授業中もそんなそぶりを見せず頑張っていた。

 

一方で気になるのは定期テスト前の週末に練習試合などを入れてしまっている部があることだ。

 

この部は夜まで練習をさせたり、休みもほとんどなかったり、かなりひどい状況となっている。

 

顧問の教諭は、勉強と部活のバランスをよく考えたほうがいい。

 

はっきり言って間違っている。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:44
-, -, pookmark
ぱっとさっと

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram7の本文解説。

 

主語・動詞をマークしているのを見ていると、テストで点数をとっていた生徒もまだあやふやなところがある。

 

中1の英語の根本は主語と動詞の理解だと考えている。

 

そこのところがあいまいなままだと、中1の後半からラストにかけて、そして中2・中3と雪だるま式に英語が苦手になっていく。

 

代々、うちの塾生の英語力がそれなりに高いのは、中1の頃から主語と動詞を正確に捉えることができるように指導し続けているからだ。

 

正確にぱっと主語と動詞を捉えることができるように。さらに鍛えていく必要がありそうだ。

 

中1数学は今日から比例・反比例の単元に入った。

 

まずは関数という言葉の説明からだったので、今日のところはウォーミングアップのようなものだ。

 

次回は続きで。

 

中3社会は、当初の予定では解説授業を進めるつもりだったのだが、前回の問題の解き具合を思い出して変更。

 

今日もワークの問題をもりもり解かせることにした。

 

前回気になったのは、解くスピードだ。

 

ぱっと答えが出てこないのだ。

 

現時点では、じっくり考えるタイプの問題を解きすすめているわけではないので、ぱっと答えが出てくるほうがいい。

 

そうした点から言うと、かなり遅い。

 

知識のインプット不足と、覚えたことをさっと取り出すアウトプットの練習不足の両方が原因のはず。

 

どう対処すれば良いかについて、今日は話していないが、早めにもういちど話しておく必要がありそうだ。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:57
-, -, pookmark
むしのたいみんぐ…

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram7の単語テストを実施してからprogram8の単語チェック。

 

で、解説中に教室に小さな虫が飛んでいるのを発見。

 

むしをむし…とだじゃれを言う暇もなく解説を続けているうちに一瞬姿を消したので大丈夫かなと思っていたところ、しばらくしてまた飛んできて、しかも生徒の視界にばっちり入るように飛ぶではないか。

 

「いやあ、虫が飛んでるね…」と思わず口にしてから、ちょっとしたところで…

 

ブーン、ブブブーンという音がっ!

 

これ、外をバイクが走る音だったんだけど、あまりにタイミングが良すぎて虫の羽音のように思えて、みんな笑ってしまった。

 

ちょっと面白かったよな…。

 

で、気を取り直して数学。角の2等分線と線分の比について。

 

まずはこの定理の証明から入った。今年度の県立入試(学校選択問題)に出た問題でもある。

 

こうした定理の証明も授業できっちりやるのがうちの塾の数学の授業だ。

 

学校選択の問題に出たからやるというのではない。むしろずっと証明をしながらやってきた。

 

学校選択の問題というと、すぐに難しい問題を解くべきだとか何とか言う声が聞こえてくるが、こうした教科書レベルの学習事項をひとつひとつじっくり学んでいくほうがよほど重要なのだ。

 

学校選択問題を甘く見ないほうがいいのは事実。

 

だが、難問が解けるかどうかよりも、公式や定理の証明など、基礎をどれだけ盤石にできるかが本当の対策になるのだ。

 

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:03
-, -, pookmark
横道にそれるときも

本日小6英語、中2、高校生。

 

中2英語はprogram7の文法解説。目的語を2つとる動詞について。

 

いわゆる第4文型というやつだ。

 

次回は単語テストを実施して本文解説に入る。

 

中2数学は角度の問題。

 

前回解いたものの復習から入ったが、さっと解けるところまで達していないので、もう一度例題から解説して問題を解き直すことにした。

 

まだ三角形の外角がぱっと見えてこないようで、もう少しトレーニングが必要な生徒もいる。

 

次回も続きで進めていく。

 

前回はこのクラス、別解の解説を興味深そうに聞くところをほめたが、今日は逆の現象。

 

英語で、「あげる」「くれる」という言葉遣いの話をしたが、全く興味を示さない生徒が数名いた。

 

もちろん、授業の本筋からは外れていた話題なので、聞いていなくても特に問題はない。

 

だが、授業中の雑談(私の場合、それほど多くはない)は、広い意味で勉強することと、どこかで結びつくような話を多くするようにしている。

 

そういうときに全く興味がなさそうな表情を浮かべてしまう生徒は、なかなか知的な関心が広がっていかないことが多い。

 

その知的な関心こそが、ものを学ぶ土台となるはずだ。

 

横道にそれるときも、そのそれた先から何かをつかみ取れるほうが、知的に豊かになれると思う。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:53
-, -, pookmark
抜けない意識

本日中1、高校生。午後に中3の理社講座。

 

中1英語はprogram7の単語テスト。

 

単語テスト実施後に数学に入った。

 

中1数学は方程式の文章題、割合に関する問題について。

 

割合の考え方に関して軽くおさらいしてから問題へ。

 

これにて方程式の単元は終了。次回から比例・反比例に入る。

 

 

 

中3理社講座では、欠席ばかりでほとんど学習が進んでいない生徒がいる。

 

いろいろ欠席の理由もあるのだろうが、勉強が後回しになるような意識では到底成績アップは厳しくなる。

 

よその塾から移ってくる生徒に顕著なのだが、勉強ずるということに関してものすごく意識がルーズなのだ。

 

出席率も、宿題への取り組みも、授業中の集中も、音読も、いたるところにルーズさが見え隠れしていて、こちらからするとなんともやるせない。

 

こうした意識というのはなかなか抜けないもの。

 

もちろん、もとからうちの塾にいる生徒だって完璧にこなしているというわけではない。

 

また、「よその塾から」という言い方をしたが、なにもよその塾が悪いというわけでもない。

 

うちの塾からよその塾へ移っていった生徒もまた、同じようにその塾のスタッフに思われているはずだ。

 

結局、成績が上がるかどうかは、その生徒の勉強への取り組みによる。

 

ここで言う勉強への取り組みとは、勉強に対するマインドセット×勉強量と言っていい。なおかつ勉強の質が高まらなければ結果には結びつかないが、どんなに高い質の勉強をこなしても、勉強に対してルーズなままであったり、勉強量が不足したりすれば、成績が上がることはない。

 

勉強に真面目に取り組んで成長すると言うことは、詰まるところ、こうした勉強に対するルーズさをできる限りはぎ取って、やるべきことをやれるように自分をコントロールできるようになるということなのだろう。

 

そうした「自律」を獲得することが、10代後半のひとりの人間としての成長と言えるはずだ。

 

その成長を、この塾という場でつかんでほしいと願いながら日々教室で生徒たちと対している。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:06
-, -, pookmark
曲がりくねったり遠回りだったり

本日小学算国、中3。

 

中3英語はprogram7の文法解説。関係代名詞(主格)の解説、2回目。

 

今回は2文→1文から入って、書きかえなども含め、細かい注意点まで解説した。

 

次回はprogram7の単語テストを実施し、program8の単語チェックの予定だ。

 

その後、7の本文には入らず、目的格の解説を進めることにしている。

 

7と8の本文解説は、目的格の解説が終わってからにしたい。

 

何だか曲がりくねった道を進むみたいな予定だが、今年はこの進み方で行く。

 

中3数学は平行線と線分の比の続き。

 

今回は補助線を引いて求めるところから解説をスタートした。

 

テキストを開けば、補助線を引かずにぱっと出るようにはなっているが、ここは原則的なところから解けるようにしておいてほしいので、あえて補助線を使うところから入った。

 

あとは各自問題を解きすすめるようにすれば、テキストに書いてある解き方まで自力でたどり着く生徒が多いから、あまり心配はしていない。

 

どうしてもたどり着けない生徒もいるから、ある程度のところで解説は加えるようにはしておいた。

 

今日のようなやり方は、一見遠回りのようにも見えるが、ぱっと解けるやり方で行き詰まったときなどは原則に立ち返ることができれば糸口がつかめることが多い。

 

図形の見方も慣れていってほしいということもある。

 

いつでも遠回りするわけでもないが、解けりゃいいんだろだけではやっぱりさびしい。

 

難易度にかかわらず、いろいろな問題にチャレンジできる土台のようなものは、生徒の頭の中に作りたいと考えている。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:01
-, -, pookmark
そこはいいとこ

本日小学算国、中2、高校生。

 

中2英語はprogram7の文法解説。補語をとる一般動詞について。

 

以前は「補語」や「目的語」といった文法用語は使わずに中学英語を解説していたのだが、ここ数年はこうした文法用語はある程度提示しながら解説するようにしている。

 

中学卒業までに基本的な文法用語を知らないままだと、高校生になってからかなり苦労することになる。

 

以前の卒塾生たちはそのあたりを乗り越える者も多かったが、最近は中高間の壁が大きくなっている実感もあり、中学英語の指導法に変化を加えてきた。

 

高校受験などには直接影響は出ないのだが、その先の生徒たちの勉強を考えると、どうしても必要な変化なのだと考えている。

 

中2数学は角度の問題。平行線の錯角や同位角、三角形の内角や外角を用いて角度を求めていく。

 

補助線をうまく使う問題も出てくるのだが、その補助線のひき方もいくつか紹介した。

 

例題の解説の時に、そうした補助線の紹介も含め、同じ問題をいくつかの解法で解いていった。

 

今年の中2は、別解の解説の時に興味を持って聞くのが良いところだ。

 

全く別解に興味を示さないクラスも時々あって、そんなクラスの生徒の多くはやはり数学の点数が伸び悩む。

 

次回も続きで角度の問題に当たっていく。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:40
-, -, pookmark
気になることもあって

本日小学算国、中1、中3理社オプション。

 

中1英語はprogram7の文法解説が終了。

 

次回は単語テストを実施してから本文解説に入る予定。

 

中1数学は方程式の文章題、比例式の利用がテーマだ。

 

今年の中1の場合、比例式の計算自体はスムーズなので、どういうときに比例式が使えるのかという点に重きを置いて解説を進めた。

 

これが比例式の計算がだめな場合は、計算に焦点を絞らなければならないが、そんなこともなく進めることができた。

 

これで次回が方程式のラストとなる。

 

中3理社オプションは前回から問題演習期に入っている。

 

定期テストに向けての準備に入ったということだ。

 

各自黙々と解きすすめているが、その様子を見ていると、普段の勉強の様子がよくわかる。

 

納得いくまで調べる生徒もいれば、丸付けもそこそこに問題を解いているだけの生徒もいる。

 

ちょっと気になるのは、9月の最初に行われた実力テストで失敗した生徒だ。

 

表情がちょっと暗い。

 

まあ今まで順調にいきすぎた面もあるので、余計にショックはあるのだろう。

 

だが、ここで焦る必要もない。

 

大事なのは入試当日なのだ。

 

そこに向けてどう修正するべきかを考えるのが先決。

 

順風満帆の時に自分を客観視できる人はなかなかいない。

 

だから、逆境の時こそチャンスのはずなのだ。自分を省みて成長するチャンスを得たのだと思えばいい。

 

「悔しかったら自分を磨け」とは作家の村上春樹さんの言葉だ。

 

転んだときに立ちあがり、痛みを抱えつつも新たな一歩を踏み出すことができれば、今はそれでいいと思う。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:09
-, -, pookmark
どうしてこんなに悲しいんだろう

本日小学算国、中3、中1理社オプション。

 

中3英語はprogram7の文法解説で関係代名詞について。

 

まずは主格の関係代名詞の基本からスタートした。

 

次回は続きで。

 

中3数学は平行線と線分の比の問題演習。

 

前回、平行線と線分の比について証明したので、今日はその利用で問題をたっぷり解いた。

 

次回はちょっと違ったパターンを扱う。

 

 

 

さて、ここ数日、ブログの更新を休んでいた。

 

少し考えることがあって、なかなか記事を書き出せずにいたのだ。

 

市内の塾について、いくつか話を聞いた。

 

深谷市内は意外とブログを持っている塾が多く、その中のいくつかの塾の話だ。

 

また、私自身が見聞きした話もいくつかある。

 

例えば、ブログでは良さそうな話をいつも書いているが、実はブログの記事どおりのことは行われていないというケース。

 

例えば、自分の塾はレベルが高いところを目指すのだと謳う塾が、実際の進路結果を見るとほとんど実績が出ていないケース。

 

例えば、入試については自分は詳しいのだと言いながら、私立入試の説明会には遅刻・早退が当たり前という塾。

 

例えば、塾長と生徒がけんかし、塾生は塾長の授業を避けてアルバイトの講師と仲良くなる塾の話も聞いた。

 

何なのだろう。

 

私にはよくわからない。ずっと混乱していた。

 

いつも結局、自分にできることをやるしかないと思うのだが、いざ自塾の生徒たちの前に出て授業をすると、また混乱してしまう。

 

塾なんてものは、それこそ星の数ほどある。

 

選びたい人が選んで決めれば良い。それはそうだ。

 

だが、自分は生徒たちやお家の方々に対して、欺くようなことだけはするまい、誠実に向き合おうと考えてやってきた。

 

ところが話を聞いていると、そんなことはきれい事にしか思えない。

 

自分が良い子ぶっているだけにしか思えなくなってきたのだ。

 

それでもまた、授業はやってくる。

 

生徒たちが、お家の方たちが、この塾を、どのくらい、どう信頼してもらえるのかはわからない。わからないがここは自分の塾なのだ。とにかく、自分の塾だけは、自分の手の届く範囲で自分のやるべきことを誠実にやっていく。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:07
-, -, pookmark
欠席の多い日

本日中1、高校生。午後に中3の理社講座。

 

中3理社講座も、中1も、今日は欠席が多かった。

 

仕方がない事情もあるのかもしれないが、遊びに行っていたり、明日が体育祭だったり、そんな理由ならば残念極まりない。

 

 

 

中1英語は代名詞のテストをしてから練習問題へ。

 

時間は少しかかったが、いつもの年よりも飲み込みは早い。

 

もう一息、正確に捉えられるようになれば問題ないレベルまでいけるだろう。

 

とりあえず次回は疑問詞を用いた疑問文を扱う予定でいる。

 

中1数学は、英語の時間が押したために、あまり時間がとれず。

 

前回の宿題の解き直しと、前回授業中にやりきれなかった問題を解いた。

 

これはこれで良かったのかも知れない。

 

次回は速さについての文章題を扱う予定だ。

 

 

 

高校生は学校の課題を黙々とこなす高1生と、熟語の問題をeトレで進める高3生の2人。

 

carry on と carry out という初歩的な熟語でミスが出ているので、おまけで貼り付けておく。

 

 

KAN 愛は勝つ

 

 

Norah Jones - Carry On

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:48
-, -, pookmark