RSS | ATOM | SEARCH
中1・中2、冬期講習最終日

今日の講習は中3の10日目、中1・中2の最終日。

 

中3の勉強の様子を見ていると、まだまだしつこさが足りない。

 

何度も繰り返して覚えてしまおうとか、ここは集中して書いて書きまくっておこうとか、そうした意識が見えないのだ。

 

だからテスト問題を解いてみると、同じミスを繰り返すことになる。

 

一方で学習ファイルの一言メモを見ていると、勉強に対する欲のようなものが芽生え始めていることにも気付く。

 

勉強への欲、意欲は、何もないところには生まれない。

 

勉強しているうちに、ああしたいこうしたい、といろいろ考え始めて、それがつながってきて勉強に対する欲が生まれてくる。

 

遅まきながら、そうした心持ちの変化が生徒たちの中にも生まれているのだろう。

 

ほんとうに遅いのだが。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:34
-, -, pookmark
きみのともだち

今日から冬期講習も再開した。

 

授業は午前9時に始まる予定だったが、その20から30分ほど前にエメ(うちの犬)が息を引き取った。

 

ずっとそばについていると言いながら、夫婦ともに授業の準備に入ったところだったので、最期の最期でそばにいることができなかった。

 

エメは私たち夫婦が結婚した1年ほど後に我が家に来た。

 

「どう、飼わない?」こんな写真が送られてきて即決。慌ただしく迎え入れることになる。名前はみんなに愛されるようにという願いとをこめてフランス語から名前をつけた。

 

途中から猫のラナも加わったが、私たちにとってはエメもラナも大事な家族であり友人であった。

 

さらに数年たって息子も家族に加わり、動物たちと私たちのつきあい方も少しずつ変化していったように思える。

 

16歳と数ヶ月、ずいぶんとエメも年をとり、耳も遠くなって目もほとんど見えなくなっていって、ここ数年は次の年を越せるのだろうかと思っていたのも事実だ。

 

そして昨年末12月30日に意識を失い、ここ数日寝たきりになって今朝を迎えたのだ。

 

亡きがらは庭に深く穴を掘って埋めた。私が授業だったので、申し訳なかったが妻が済ませてくれた。

 

ここ数日、寝たきりのエメを見ながら、うちで飼われてエメは幸せだったのだろうかとずっと考えていた。今もなお考え続けている。

 

今日、このあと家に戻ると、16年間いつもいたエメはもういない。

 

先ほども書いたが、結婚して1年後からずっと一緒だったので、エメのいない生活がうまく想像できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:おかじま, category:時には自分のこと, 23:18
-, -, pookmark
再始動

今日は講習などの授業はオフにしていたが、中3自習組は夜7時から集合して11時まで勉強というスケジュールにしておいた。

 

年末に体調を崩していた生徒たちも久々に顔をそろえることができた。

 

とにかく健康も実力のうち。

 

体を休めることができたのは良かったのだろう。

 

あとは頭の中まで休養していなければいいが。

 

明日午前9時から冬期講習も再開する。

 

 

 

 

年末に書いたとおり、うちの犬は意識を失って寝たきりの状態が続いている。

 

うちの一家は毎年初詣に出かけるのが恒例だが、そういった正月らしい行事もほとんどできなかった。

 

さすがに息子だけは、親戚の集まりやスキー旅行などに連れて行ってもらっているが、私たち夫婦はずっと犬のそばにいる。

 

意識を失っていて、たまに出る排泄物の処理以外に何ができるわけでもないが、ただそばにいる。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:06
-, -, pookmark
年の終わりに

今日は講習など、授業は全くない一日だった。

 

中3自習組は朝9時スタートで夜11時までというスケジュールは変えなかった。

 

大晦日とか、正月とか、特別な日に特別な勉強というのは存在しない。

 

勉強はイベントではなく日常なのだ。

 

いつもと同じように勉強を積み重ねることが何よりも重要だ。

 

とはいえ矛盾するようだが、明日と明後日は塾はクローズする。お家の方々の送迎の負担も考えると休みにするほうがいい。

 

ただし、受験生にとっては、休みから学ぶことはなにもない。

 

塾にこもっているときほど勉強量はこなせないだろう。それでも進めておくべきことや補うべきことに取り組んでおいてほしい。

 

 

 

私個人、というか家族にとっては、昨日も書いたが犬の体調が何よりも心配。

 

正直言って正月気分ではない。

 

こういう年末、年明けになるとは思いもよらなかった。ほんとうに数日前までは…。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:38
-, -, pookmark
苦しい状況…

今日の冬期講習は中3の8日目。

 

ここのところ記事にしているとおり、中3生は体調が万全という生徒が少ない状況だ。

 

今日も午前中から自習に来たものの、体調が優れないので早退した生徒がいた。昨日とは別の生徒だ。

 

健康が何よりも大事なので、勉強の進度をどうこう言っている場合ではないのだが、それにしても苦しい。

 

とりあえず、今日欠席している生徒に関しては明日の自習もオフにして年明けからの参加にしてもらうように連絡しておいた。

 

来られる生徒に関しては明日もみっちり勉強する予定だ。

 

一方自宅のほうでは、うちの老犬の体調がかなり思わしくなく、何とも言えない状況だ。

 

胸が張り裂けそうになる。

 

どうなることか…。

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:47
-, -, pookmark
あらら、体調管理をしっかりと

今日の冬期講習は中3の7日目、中1・中2のターム4。

 

中3生はここ数日、体調を崩す生徒が増えてしまっている。

 

復活したと思っていた生徒もまた熱が出て早退した。

 

こうなると授業の進行にも影響が出る。

 

英語は急遽授業内容を変更して、解くべきテスト問題は予定どおりで解説の進行を予定とはがらっと変えることとなった。

 

いつも言うとおり、健康も実力のうち。

 

塾内の環境も気をつけているつもりだ。加湿器はフル稼働だし、入り口にはアルコール消毒できるようにジェルタイプのものもおいてある。

 

しかし今年の中3生は、全員が入退室時の手の消毒を実行している様子が見られない。

 

このくらいは別にやらなくても平気、自分は平気、という勘違いが蔓延しているようだ。

 

今の時期、健康には気を遣いすぎるくらいでちょうどいい。

 

健康管理を甘く見ているうちは体調を崩す生徒は続いて出てくるだろう。

 

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:41
-, -, pookmark
うーん、まだまだ

今日の冬期講習は中3の6日目。中1・中2のターム4の初日。

 

中3英語、標準問題はそれほど複雑な構文はなく、ざっと全文の意味をとってから設問の解説をした。

 

一方、学校選択の問題にはいくつか取り上げておきたい英文が含まれていたので、和訳する問題として解説した。

 

いざ訳させてみると、主語や述語動詞、修飾と被修飾の関係などをかなりあいまいにして日本語にしてしまっていた。

 

定期テストはできても実力テストなどの初見の問題に弱い生徒に多い。まさに今年の中3がそう。途中入塾が多かったクラスなので、仕方がない面もあるのだが。

 

おそらく今までも、ある程度単語の意味がわかっていれば、何となくつなげて内容を把握していたに違いない。

 

だが、学校選択の問題のレベルでそれをやっていると、確実に混乱してくるし時間も余計にかかる。

 

まあ、ここで一度時間をとってみてよかった。

 

もう一度明日の問題でも同じようにやってみるつもりだ。

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:04
-, -, pookmark
講習は続く

今日の冬期講習は中3の5日目、中1・中2のターム2の2日目。

 

中3は風邪でダウンする生徒も出ているので、健康管理に気をつけたい。

 

いつも言うとおり、健康も実力のうち。

 

睡眠時間を削らず確保しつつ、勉強に集中していく時期だ。

 

睡眠、食事など、生活リズムをきちんと刻んでいくことが重要なテーマとなる。

 

中3英語は今日のテストトレーニングで、この一ヶ月、音読トレーニングをさぼってきたのがあらわになってしまった。

 

非常に残念。

 

毎日音読している声は聞いていたが、毎日やっているということだけに満足せず(生徒も私も)、繰り返して徹底するといった意識付けの面から立て直していく必要がありそうだ。

 

中1・中2は日程を間違えて塾に来た生徒がいたのは情けない。

 

ミスというのは誰でもするものだ。

 

だが、やる気がなさそうにやってきて、しかもそれが間違えた日程だったのいうのは、何をかいわんや、という気がしてならない。

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 23:06
-, -, pookmark
年内の平常授業は終了

本日平常授業は小学算国、中2、高校生。冬期講習は午前に中3の4日目、午後に中1・中2のターム3。

 

中2英語はprogram10の文法解説。likeを使った文の比較・最上級の表現について。

 

思ったよりもあっさり終了した。ただ全体的にちょっと元気がなかったかもしれない。

 

次回は比較の基本についてざっとおさらいをする予定だ。

 

中2数学は平行四辺形になるための条件の証明問題。

 

合同を使わずに証明していく問題を取り上げてみたが、そうなると今まで合同の証明はうまく書けていた生徒も手が止まる。

 

しかたがないとはいえ、もう一息パワーアップしてほしい気もする。

 

次回は続きで。

 

タイトルにもあるとおり、年内の平常授業は今日で終了。

 

ここから1月4日まで年末年始休業となる。

 

もちろんこの期間も中学生の冬期講習は予定どおり実施する。(休みって何なんっ?)

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:56
-, -, pookmark
中1は単語テスト、の巻

本日平常授業は小学算国、中1、中3理社。講習は午前に中3の3日目、午後に中1・中2のターム3の初日。

 

もう12月も下旬だというのに、半袖半ズボンの少年が二人もいる。

 

小学生に一人(うちの息子です…)、中1生に一人。

 

いやまあ、元気なのはいいが、風邪をひかなければいいのだが…。

 

中1英語はprogram10の単語テストを実施したあとに10−3の文法解説。

 

単語テストはほぼ全員合格だったが、ほぼ全員が勉強の甘さを感じさせるできだった。

 

満点だろうがギリギリ合格だろうが、なんとなく勉強不足に思えるのだ。

 

確かに以前よりも暗記する力はついてきて、1つの単語テストを乗り切るのにかかる労力は減っているのかもしれない。

 

しかし、そのことが勉強に対する甘さにつながっているのなら、単語テストのできにかかわらず力がつくことは期待できない。

 

再テストにならなければいい、不合格にならなければいい、怒られなければいい、という「逃げ」の感覚のまま、自分の力を伸ばすという観点のない勉強からは脱出しておかなければ。

 

 

author:おかじま, category:塾その日その日, 22:36
-, -, pookmark